不動産税理士ブログ

【相続によって課税事業者となった場合の消費税課税事業者の判定は?】

<質問>サラリーマンのAさんは、副業で不動産賃貸業を営んでいました。Aさんは、居住用賃貸マンションのサブリースを個人事業で経営しています。そのため消費税の免税事業者です。確定申告は、サブリース契約している業者から毎月の賃料計算書を集計するだけで簡単でした。しかし、平成27年8月31日にAさんの父親の不動産賃貸業を相続したことにより状況が変わりそうですAさんの父親は、居住用賃貸マンションではなくオフ……

続きを読む

確定申告 譲渡所得質疑応答事例集-10

<事例>今回の事例は、名古屋国税局が平成24年12月11日に国税庁のHPで回答を公開している内容です 詳細につきましては、下記URLをご確認ください今回のメルマガでは、その要点をご紹介いたしますhttp://www.nta.go.jp/nagoya/shiraberu/bunshokaito/joto-sanrin/121211/index.htm事例は、以下のとおりです 甲さ……

続きを読む

所得税編:不動産賃貸業の確定申告

平成26年からすべての事業所得者・不動産所得者に帳簿作成が義務化されたのはご存知でしょうか。 従来の法律でも帳簿作成は義務付けられていましたが26年の改正では白色申告の事業者(不動産所得者も含む)への帳簿作成が完全に義務化されました。 所得税の確定申告は白色申告と青色申告の2種類ありますが同じ帳簿作成をするのであれば、青色申告をおすすめします。 また青色申告には、青色……

続きを読む

【相続によって課税事業者となった場合。。。】

サラリーマンのAさんは、副業で不動産賃貸業を営んでいました。Aさんは、居住用賃貸マンションのサブリースを個人事業で経営しています。そのため消費税の免税事業者です。確定申告は、サブリース契約している業者から毎月の賃料計算書を集計するだけで簡単でした。しかし、平成27年8月31日にAさんの父親の不動産賃貸業を相続したことにより状況が変わりそうですAさんの父親は、居住用賃貸マンションではなくオフィスビル……

続きを読む

【消費税のハイブリッド節税方法に要注意!!!】

不動産賃貸業の消費税の節税方法で駐車場経営を利用した節税方法があります その概要は以下の通りです例えば、敷地内に駐車場もとれるようなマンションを3億円で建設したとします その場合、消費税は8%なので2400万円発生していますこの場合に駐車場経営などの消費税課税収入が発生していて、100万円の消費税が還付されたとします このような場合に、還付しきれない2400万円―100万円の2300万円……

続きを読む

アーカイブ

お気軽に無料相談を!

お気軽に無料相談を!

Call: 078-959-8522

メールでの無料相談

  • 不動産賃貸サポートサービス
  • 不動産賃貸業専門税理士ブログ
  • セミナー講師のご依頼

    ご依頼はこちら

  • セミナー講演実績 著書紹介

    詳しく見る

  • メールマガジンのご登録

    ご登録はこちらから

〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館17階

大きな地図を見る