【30年改正で貸付用不動産に対する小規模宅地の特例適用が厳しくなります】

【30年改正で貸付用不動産に対する小規模宅地の特例適用が厳しくなります】

平成30年度税制改正大綱では,小規模宅地特例における
「貸付事業用宅地等」の縮減などが盛り込まれています

相続開始前3年以内に貸付けを開始した不動産の敷地を
対象から除外するものです

2018年3月までに貸付けを開始した不動産の敷地は
3年以内に相続が生じても従前どおり対象となる
経過措置が設けられています。

小規模宅地特例の「貸付事業用宅地等」は、
被相続人等の不動産貸付業等に供されていた宅地等で

相続税の申告期限まで親族がその貸付事業を継続しているもの等を言います
その場合その宅地等の課税価格を200㎡まで半減できます

平成30年度税制改正大綱では、売買しやすい貸付用不動産を
相続開始前に取得し、一時的に現金を不動産に換えて税負担を

軽減するスキームに対応するため上記のの内容が盛り込まれました。
具体的には平成30年4月1日以後の相続等に適用されます。

貸付用不動産の取得に際して新築ではなく、
第三者が所有していた不動産を中古でそのまま取得する
いわゆるオーナーチェンジといった形がとられることもあります

相続開始前3年を超えて事業的規模で貸付事業を行っているか
否かの判定において、第三者である前オーナーが
事業的規模で貸付けを行ってきた期間は含まれません

例えば、従来から事業的規模で貸付事業を行っていた
第三者AからBに貸付用不動産が売買され、BがAの貸付事業を

引き継いでから3年以内に死亡したとします。
その場合でも前オーナーのAが貸付事業を行ってきた期間は考慮されず

相続開始前3年以内に貸付事業を始めたBのその貸付用不動産の敷地は
貸付事業用宅地等に該当しなくなります。

平成30年4月以降の貸付事業用宅地に小規模宅地の特例を
適用する際にはご注意ください

☆☆☆求人募集中です。

税理士試験合格者
税理士試験科目合格者
税理士事務所勤務経験者

を募集しています☆☆☆
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
神戸・芦屋・西宮の不動産賃貸税理士と相続税専門税理士
近江清秀公認会計士税理士事務所

不動産の有効活用による相続税の節税対策
不動産管理会社の設立と税務
不動産所得の確定申告

近江清秀公認会計士税理士事務所

神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館17階
TEL:078-959-8522
FAX:078-959-8533
Mail:freee-info@marlconsulting.com

freee確定申告ヘルプサポート
http://freee-shinkoku.com/

freeeを活用して中小企業を全力で支援するHP
http://www.freee-kessan.com/

事務所HP
http://www.marlconsulting2.com/

安心できる神戸相続Navi
http://www.kobesouzoku.com/

信頼できる神戸経営支援Navi
http://www.oumi-tax.jp/

不動産賃貸専門税理士
http://www.不動産賃貸税理士.com/

確定申告LP
http://確定申告.biz/

All ABOUT JAPAN のコラム
http://profile.ne.jp/pf/oumi/c/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

アーカイブ

お気軽に無料相談を!

お気軽に無料相談を!

Call: 078-959-8522

メールでの無料相談

  • 不動産賃貸サポートサービス
  • 不動産賃貸業専門税理士ブログ
  • セミナー講師のご依頼

    ご依頼はこちら

  • セミナー講演実績 著書紹介

    詳しく見る

  • メールマガジンのご登録

    ご登録はこちらから

〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館17階

大きな地図を見る